メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟水俣病

国の責任、2審も認めず 原告2人の控訴棄却 東京高裁

新潟水俣病3次訴訟で控訴棄却となり、記者会見で厳しい表情を見せる原告側の高島章弁護団長(右)=東京・霞が関の司法記者クラブで2018年3月23日午後4時4分、長谷川直亮撮影

 医師に水俣病と診断されながら国の認定基準で患者として認定されなかった原告2人が国と新潟県、原因企業の昭和電工に損害賠償を求めた新潟水俣病3次訴訟の控訴審判決が23日、東京高裁であった。斉木敏文裁判長は、2人を患者認定しなかった1審・新潟地裁判決(2015年3月)を支持し、原告側の控訴を棄却した。国と県、昭電の責任は認めなかった。【近松仁太郎】

 新潟水俣病を巡る国家賠償責任を求めた訴訟の高裁判決は初めて。地裁では同種訴訟で2件の判決が出ており…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文971文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです