メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟水俣病

国の責任、2審も認めず 原告2人の控訴棄却 東京高裁

新潟水俣病3次訴訟で控訴棄却となり、記者会見で厳しい表情を見せる原告側の高島章弁護団長(右)=東京・霞が関の司法記者クラブで2018年3月23日午後4時4分、長谷川直亮撮影

 医師に水俣病と診断されながら国の認定基準で患者として認定されなかった原告2人が国と新潟県、原因企業の昭和電工に損害賠償を求めた新潟水俣病3次訴訟の控訴審判決が23日、東京高裁であった。斉木敏文裁判長は、2人を患者認定しなかった1審・新潟地裁判決(2015年3月)を支持し、原告側の控訴を棄却した。国と県、昭電の責任は認めなかった。【近松仁太郎】

 新潟水俣病を巡る国家賠償責任を求めた訴訟の高裁判決は初めて。地裁では同種訴訟で2件の判決が出ており…

この記事は有料記事です。

残り748文字(全文971文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです