メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中川環境相

神鋼の石炭火力で意見書 CO2排出削減求め

 中川雅治環境相は23日、神戸製鋼所が建設を計画している石炭火力発電所(神戸市灘区、出力計130万キロワット)に対し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出削減などを求める意見書を世耕弘成経済産業相に提出した。意見書は環境影響評価法に基づくもので、経産相は来月上旬までに神戸製鋼に勧告。その後に建設の可否を判断する。

     神戸製鋼は、同市灘区の高炉跡地に発電所2基を増設する計画で、2021年以降の稼働を目指している。すでに運転している2基と合わせた出力は計270万キロワットで、国内では最大規模の石炭火力発電所とされる。

     環境相は意見書で、「CO2の排出削減の道筋が見えない限り、建設は容認されるべきではない」と指摘。予定地は人口密集地にあり、大気汚染が懸念されていることを踏まえ、建設に当たっては地元住民に十分説明するよう求めた。

     一方、売電先の関西電力に対しても、神戸製鋼と同様に排出削減に取り組むよう求めるとともに、昨年発覚した神戸製鋼の検査データの改ざん問題にも触れ「信頼回復に取り組む必要がある」と要請した。【五十嵐和大】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
    2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
    4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
    5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです