メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・中河原遺跡

弥生土器に切り妻屋根の建物5棟の絵

5棟の高床建物が描かれた土器=大阪府茨木市教委提供

 大阪府茨木市教委は23日、切り妻屋根の高床建物5棟が描かれた弥生時代中期後半(約2000年前)の土器が、中河原遺跡(同市郡4)から出土したと発表した。5棟以上の建物が描かれた弥生土器は全国3例目だが、切り妻屋根の建物ばかりの土器は初めて。絵は豊作を祈る祭祀(さいし)の場を表しているとみられ、市教委は「当時の人々の精神世界を知る上で貴重な発見」としている。

 市教委が2016年11月から約1年かけて発掘し、9点の土器片を見つけた。接合後の大きさは縦21・5…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文568文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  4. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです