メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひょうごを食べる・農の現場から

/76止 西宮市・ホウレンソウ 赤い根と緑の葉が輝く新鮮野菜 /兵庫

 選抜高校野球大会が開かれています。阪神甲子園球場がある西宮市内には約170ヘクタール、同球場45個分の農地があり、ホウレンソウ、コマツナ、ネギなど葉物野菜を中心とした農業が営まれています。

 同市内120戸の農家が参加する営農研究会で会長を務める伊勢隆治さん(73)は、野菜づくり60年のベテラン。同市荒木町など、阪急沿線の住宅地の中に35アールの畑を持っています。「畑のすぐ近くに暮らす消費者の声に耳を傾けながら、ホウレンソウを育てているよ」と話す伊勢さん。化学肥料や農薬の使用量を基準の半分以下にし、安全・安心なホウレンソウづくりを堅実に守ってきました。その結果、県が定める「ひょうご安心ブランド」の認証を受けています。

 伊勢さんがこだわって育てたホウレンソウは根がついた状態で出荷します。調理する人のことを思い、丁寧に…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文818文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです