メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・ワイド

民法改正、変わる遺産相続=回答・鈴木一生

 政府は13日、亡くなった人(被相続人)の遺産分割(いさんぶんかつ)で、相続人の一人である配偶者(はいぐうしゃ)が住居や生活費を確保しやすくする民法の改正案を国会に提出しました。高齢化が進む中、残された配偶者の生活を安定させるのが狙いです。

 ◆なぜ配偶者を優遇するの?

「居住権」で老後の生活安定

 なるほドリ 相続の仕方が大きく変わる法律が国会で論議されると聞いたよ。

 記者 法務省が今国会に提出した民法改正案ですね。遺産分割で今よりも配偶者を優遇(ゆうぐう)すること…

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2065文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  2. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです