メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

進化する抗がん剤治療=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 手術、放射線、抗がん剤はがん治療の3本柱です。このうち、手術と放射線は、一般に、がんが発生部位にとどまり、完治が望める場合に用いられています。一方、抗がん剤は、白血病や悪性リンパ腫など病変が全身に及ぶ病態や、がんが転移し全身治療が必要な場合の治療法とされてきました。

 近年、抗がん剤をはじめとするがんの薬物療法は大きな変貌を遂げています。

 まず、抗がん剤を投与する対象が広がりました。これまでは、手術や放射線治療後の再発患者に対し、完治よ…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1754文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  2. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです