メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がんドクトルの人間学

進化する抗がん剤治療=山口建(県立静岡がんセンター総長)

 手術、放射線、抗がん剤はがん治療の3本柱です。このうち、手術と放射線は、一般に、がんが発生部位にとどまり、完治が望める場合に用いられています。一方、抗がん剤は、白血病や悪性リンパ腫など病変が全身に及ぶ病態や、がんが転移し全身治療が必要な場合の治療法とされてきました。

 近年、抗がん剤をはじめとするがんの薬物療法は大きな変貌を遂げています。

 まず、抗がん剤を投与する対象が広がりました。これまでは、手術や放射線治療後の再発患者に対し、完治よ…

この記事は有料記事です。

残り1534文字(全文1754文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです