メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 名王者の敗北がプロボクシングの健全化に一石を投じた。世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王座を12連続防衛した山中慎介(帝拳)が1日、返り咲きを目指した再戦に敗れ引退を表明した。体重超過で王座を剥奪されたルイス・ネリ(メキシコ)に厳罰を科す動きが広がっている。

 ネリは前日計量の2回目で1・3キロもオーバーした。WB…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. アメフット 関学大選手側が被害届 悪質タックルで負傷
  5. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]