メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 名王者の敗北がプロボクシングの健全化に一石を投じた。世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級王座を12連続防衛した山中慎介(帝拳)が1日、返り咲きを目指した再戦に敗れ引退を表明した。体重超過で王座を剥奪されたルイス・ネリ(メキシコ)に厳罰を科す動きが広がっている。

 ネリは前日計量の2回目で1・3キロもオーバーした。WB…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです