メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国で働く

/37 太陽精機 製本機器で世界を開拓 /滋賀

大型製本システムなど最新鋭の機器が展示されている「ホリゾンACADEMY」。太陽精機の堀英二郎社長は「技術力に磨きをかけ、変化に対応する機器を送り続けていく」と話す=滋賀県高島市新旭町で、土居和弘撮影

 本が私たちの手に届くまでに、製本作業は欠かせない。「太陽精機」(高島市)は、その製本関連機器のグローバルメーカーだ。「ホリゾン」ブランドの自社製品の販売先は100カ国を超え、必要なときに必要な量だけ印刷する「オンデマンド印刷」対応機器では世界トップクラスのシェアを築く。堀英二郎社長(66)は「ホリゾン製品は、操作が簡単で使いやすいのが自慢」と言う。デジタル化、高速化が著しい印刷・製本業界で、変化に対応する開発力に磨きをかけていている。【土居和弘】

 琵琶湖畔の約14ヘクタールの敷地に建つ、びわこ工場は、太陽精機の開発・製造拠点だ。構内の「ホリゾン…

この記事は有料記事です。

残り2228文字(全文2504文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです