メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VXの女たち・正男暗殺

法廷編 指示役の捜査、手抜かり

アイシャが逮捕直前まで働いていたクアラルンプールのマッサージ店。現在はオーナーが替わり、別の店になっている=2017年11月29日、平野光芳撮影

 昨年2月13日午前9時の事件後、被告のシティ・アイシャは現場の空港からタクシーでクアラルンプールのショッピングモールに移動し、リーバイスのジーンズを買った。その写真をフェイスブックに投稿し、午後4時ごろ職場と住まいのあるフラミンゴホテルに戻った。

 アイシャは事件を起こした後も、「いたずらビデオの撮影」がまたあると信じて疑わなかったようだ。友人には「明日も撮影があるの」と携帯でメッセージを送った。しかし「チャン」こと北朝鮮の指示役、ホン・ソンハクからは一向に連絡がなく、ア…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです