メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

VXの女たち・正男暗殺

法廷編 指示役の捜査、手抜かり

アイシャが逮捕直前まで働いていたクアラルンプールのマッサージ店。現在はオーナーが替わり、別の店になっている=2017年11月29日、平野光芳撮影

 昨年2月13日午前9時の事件後、被告のシティ・アイシャは現場の空港からタクシーでクアラルンプールのショッピングモールに移動し、リーバイスのジーンズを買った。その写真をフェイスブックに投稿し、午後4時ごろ職場と住まいのあるフラミンゴホテルに戻った。

 アイシャは事件を起こした後も、「いたずらビデオの撮影」がまたあると信じて疑わなかったようだ。友人には「明日も撮影があるの」と携帯でメッセージを送った。しかし「チャン」こと北朝鮮の指示役、ホン・ソンハクからは一向に連絡がなく、ア…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文596文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 日野自動車 運転手急病で緊急停止する観光バス発売へ
  4. 登山家 栗城さん死亡連絡で生中継中止 AbemaTV
  5. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]