メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MOTTAINAI

堆肥作りで街おこし 刈り草をリサイクル、新たな特産品も提案 徳島の3県立高

温室栽培するパッションフルーツの隣で、ヒマワリやアサガオの種と「もったいない2号」をセットにした「ミニ緑化セット」を手にする井坂純司さん(左)と宮城ミチコさん。ミニ緑化セットは全国にすでに6000個配布している=新野高で2月19日

 公園や川沿いの刈り草を高品質の堆肥(たいひ)にリサイクルし、その肥料で特産品や雇用の創出など地元の活性化を目指す徳島県の高校生たちの活動が注目を集めている。生徒が名づけた肥料の名前は「もったいない2号」。刈り草という身近な「資源」に着目した環境活動は、そのユニークな取り組みが評価され、今年の第7回毎日地球未来賞(毎日新聞社主催)奨励賞にも選ばれた。【七井辰男】

 活動しているのは、同県立の新野高(阿南市)、小松島西高勝浦校(勝浦町)、小松島高(小松島市)の3校…

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文861文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 自民党 下村氏憲法審幹事辞退へ 野党「職場放棄」発言で
  5. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです