メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MOTTAINAI

堆肥作りで街おこし 刈り草をリサイクル、新たな特産品も提案 徳島の3県立高

温室栽培するパッションフルーツの隣で、ヒマワリやアサガオの種と「もったいない2号」をセットにした「ミニ緑化セット」を手にする井坂純司さん(左)と宮城ミチコさん。ミニ緑化セットは全国にすでに6000個配布している=新野高で2月19日

 公園や川沿いの刈り草を高品質の堆肥(たいひ)にリサイクルし、その肥料で特産品や雇用の創出など地元の活性化を目指す徳島県の高校生たちの活動が注目を集めている。生徒が名づけた肥料の名前は「もったいない2号」。刈り草という身近な「資源」に着目した環境活動は、そのユニークな取り組みが評価され、今年の第7回毎日地球未来賞(毎日新聞社主催)奨励賞にも選ばれた。【七井辰男】

 活動しているのは、同県立の新野高(阿南市)、小松島西高勝浦校(勝浦町)、小松島高(小松島市)の3校…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです