メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・きらり

種と夢、大きく育て 宮城県美里町で有機・無農薬の農園主 ブシャン・アケボノさん

収穫したレタスを手にするブシャン・アケボノさん=宮城県美里町で

 <ki ra ri>

 「アケボノ」は本名だ。宮城県北部の美里町で有機・無農薬の野菜を作る。「縁あって、この町で農業やってます」。縁はインド・ニューデリーで暮らしていた父、ブシャン・ティカシュさん(53)の来日から始まる。

 父は子供のころ、日本にあこがれた。1970年の大阪万博でインド料理に腕を振るった叔父から、敗戦後の経済発展の様子を聞かされたからだ。結婚して妻が第2子を身ごもった際、インドの新聞で、夜空がほのかに明けるころを指す日本語の「曙(あけぼの)」を知る。生まれた赤ちゃんに「アケボノ」と名付けた。夜明け前の暗闇からキラリと差し込む「曙光(しょこう)」のイメージだ。99年に単身で来日。苦労の末、仙台市にインド料理店「ヒマラヤ」を開く。2004年に家族を呼び寄せた。

 アケボノさんは13歳で日本に定住することになった。10歳で試しに暮らした経験はあったが、日本語はあ…

この記事は有料記事です。

残り1498文字(全文1888文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです