メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

/1 被害者の叫び、記録発掘 排除に抗す、覚悟の提訴

 強制不妊手術を受けた宮城県の60代女性が、全国初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こすことにつながったのは、同県に保管されていた「優生手術台帳」の記録からだった。厚さ2センチのこの古い冊子は、女性が開示請求する4カ月前の2017年2月下旬、子育て支援課内で発見されていた。

 きっかけは、厚生労働省からの「調査要請」だった。

 発見数日前の同22日、日本弁護士連合会が、旧優生保護法(1948~96年)下で強制不妊手術を受けた…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 勝利に両手、両膝をコートに 錦織「とても幸せ」 全豪テニス3回戦進出
  5. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです