メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

【高松宮記念】ニードル新快速王!ゴール目前で鼻差差し(スポニチ)

 尾張電撃決戦で新スプリント王が誕生した。中京競馬場で25日に行われたG1「第48回高松宮記念」は2番人気のファインニードルがゴール寸前で差し切りV。2度目のG1挑戦で初勝利を飾った。アドマイヤムーン産駒は昨年のセイウンコウセイから2年連続の勝利。鞍上の川田はJRA・G1・11勝目。管理する高橋忠師は開業8年目でうれしいG1初Vとなった。

     春風に乗って電光石火の“新星”が世代交代を告げた。ファインニードルは先行勢を行かせその後ろ。外をスムーズに運ぶ。前後半の3Fが33秒3→35秒2のハイペース。川田は「スタートはスムーズだったし、道中もこの馬のリズムで走れていました。前の馬が速かったので、自然とあの位置に」と振り返る。6番手の外で4コーナーを回った。

     残り1F辺りで内からレッツゴードンキが抜け出し決まったかに見えた、その瞬間だった。「青・袖水色1本輪」の新勝負服をまとった川田の鼓舞に応え、ニードルがゴール前で鼻差だけ差していた。スプリント路線を闊歩(かっぽ)してきた強豪たちを退け、G1初Vを決めた。

     「ゴドルフィン名義に替わって最初のG1でしたので、一発目で勝てて良かったです。前走もいい内容で勝ってくれたし、成長を伴ってのG1制覇。強気に勝ちにいく競馬をして、それに応えてくれました」

     着実に階段を上ってきた。3走前のセントウルSで重賞初勝利。その勢いで昨秋はスプリンターズSに挑戦した。高橋忠師は「元々使う予定がなかったけど、どれくらい通用するか力試しのつもりで使った」。12着に敗れてしまったが、そこからさらに成長。前哨戦のシルクロードSはプラス18キロで快勝。やや余裕残しであっても、そこにパワーアップが見て取れた。

     「成長力がすごい。放牧先から帰ってくるたびに良くなっています。昨年の秋以降、さらに力を付けてますね。名義が替わってのG1勝ち? そこは特に意識はなかったけど、オーナーが日本の競馬でG1を勝っていないし、うまくいって良かったです」。師は自身のG1初勝利そっちのけで愛馬をたたえた。

     出合った時から感じるものがあったと言う。「初めて見た時、歩きのいい馬だなと思った。何とか手掛けさせてもらえないかと」と印象を語った。素質の良さに体の成長がミックスされ、ついにG1へ到達した。

     トレーナーが「今年は真価を問われる一年」と力を込めるように、今後は海外遠征を含めてさまざまな選択肢が用意されている。「今の時点では白紙ですけど、香港やイギリスも可能性はあります」と話した。香港のG1チェアマンズスプリントプライズ(4月29日、シャティン)には予備登録を済ませている。英G1ジュライカップ(7月14日、ニューマーケット)参戦にも含みを持たせた。本格化を遂げた5歳馬が、短距離界統一へ向けて確かな一歩を踏み出した。

     ◆ファインニードル 父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト(母の父マークオブエスティーム)牡5歳 栗東・高橋忠厩舎所属 馬主・ゴドルフィン 生産者・北海道日高町ダーレー・ジャパン・ファーム 戦績24戦8勝 総獲得賞金3億485万2000円。(スポニチ)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
    3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
    4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
    5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです