メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アングル

神戸市長田区・識字教室ひまわりの会 「共に学ぶ」ひとときを 心のつながり求め、ここへ /兵庫

この日の勉強のテーマは「放射線物理学入門」。ルビ入りの資料を見ながら「むずかしいわ~」=神戸市長田区の市立長田公民館で、木田智佳子撮影

 「きょうの勉強は難しいね~」「いっぺんに頭入らへんわ」。ノートをとる手を止め、笑いとため息混じりにつぶやき合うのは、ちょっとお年を召した生徒たち。寄り添って座る大学生が、どれどれとのぞき込む。

 神戸市立長田公民館(神戸市長田区)の一室。土曜の午前、識字教室「ひまわりの会」が開かれている。20歳前後から80代まで、この日は約20人。「共に学ぶ」ひとときを過ごしている。

 阪神大震災時、避難所や手続きの場で、文字の読み書きができずに困っている人がいた。「何とかしなくては…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文556文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです