メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電子看板

介護を手助け 湯浅の老健施設で利用者さっそくタッチ 将来、AIで会話も /和歌山

 人材不足が続く介護現場にロボットを導入する動きが広がる。IT関連会社で多機能自動販売機を製造する「ブイシンク」(東京)は、介護士の業務を補助するデジタルサイネージ(電子看板)の開発に取り組んでいる。将来は人工知能(AI)を搭載する予定で、年内の発売を目指す。

 湯浅町の介護老人保健施設「ライフケア有田」では昨年、同社の試作機を設置。46インチの液晶画面に、カラオケ、物忘れチェックなどの項目が表示され、指で触れて選択すると画面のキャラクターが歌った…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  2. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  3. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  4. ロシアW杯 サッカー MVPゴールデンボール賞 モドリッチ最有力か
  5. ロシアW杯 フランスが5大会ぶり2回目の優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]