メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

道半ばの犯罪被害者救済 賠償の新たな枠組みを=袴田貴行(北海道報道部)

生井宙恵さんの遺影を手に札幌地裁に入る母澄子さん(中央)=札幌市中央区で2017年3月16日、竹内幹撮影

 犯罪被害者や遺族が加害者に損害賠償を請求して勝訴しても、加害者に支払い意思や能力がないため賠償が支払われず、泣き寝入りするケースが後を絶たない。事件で一家の大黒柱を失って生活に困窮したり、民事判決の時効に伴う再提訴で新たな負担を強いられたりする被害者や遺族もいる。被害者救済のため、早急に新たな仕組みづくりを検討すべきではないか。

この記事は有料記事です。

残り1915文字(全文2081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 京都府警 スーパーで店員の女性刺す 男の身柄を確保
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです