メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『何度でも食べたい。あんこの本』姜尚美・著

実直な書き手が愚直な作り手に聞く

◆『何度でも食べたい。あんこの本』姜尚美・著(文春文庫/税別850円)

  脂っこくはなくとも豊かな口触り、ほどほどの重たさ。それが、あんこのよさだと私は思う。

 8年前に刊行された『あんこの本』が、文庫版として、あんこ日記「続・あんこへの道」をおまけに付けて帰ってきた。7年前に私が出したはじめての食書評エッセー集『もの食う本』でも俎上(そじょう)に載せた一冊だ。時が流れる中、とりあげられた39軒のうち3軒が閉店してしまったと、おまけ日記で知ったが、ただ、この8年間の食べもの屋さんの栄枯盛衰を振り返れば、長続きする店を見抜く眼力が、姜尚美(かんさんみ)さんにはあったと思う。

 姜さんは京都に軸足を置くライターだ。そこで長くつくられる端正な姿の上菓子も、大阪のおはぎ、きんつば…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文911文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  2. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  3. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  4. 岩波書店 「広辞苑」10年ぶり改訂 担当者が明かす知られざる魅力
  5. 広辞苑 10年ぶり改訂 「がっつり、ちゃらい、自撮り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]