メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
私の記念碑

歌舞伎俳優 片岡仁左衛門の「絵本合法衢」 一世一代の悪党役

=太田康男撮影

 四世鶴屋南北作の「絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)」。文化7(1810)年に江戸・市村座で初演された。町人の太平次と武士の左枝大学之助。2人の悪党が登場し、次々と人を殺(あや)める。五世松本幸四郎が初演し、その後は七世、八世の市川團十郎、二世市川左團次らの名優が演じてきた2役である。

 仁左衛門の初演は、1992年3月の新橋演舞場。その後、国立劇場、大阪松竹座でも演じ、どこでも評判を取った。その2役を4月に東京・歌舞伎座で、演じるのが最後を意味する「一世一代」と銘打ってつとめる。

 「2役で出ずっぱりなものですからね。松竹座で演じた時(2015年7月)に体力的に『最後かな』と思っ…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1167文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]