メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

歌舞伎俳優 片岡仁左衛門の「絵本合法衢」 一世一代の悪党役

=太田康男撮影

 四世鶴屋南北作の「絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)」。文化7(1810)年に江戸・市村座で初演された。町人の太平次と武士の左枝大学之助。2人の悪党が登場し、次々と人を殺(あや)める。五世松本幸四郎が初演し、その後は七世、八世の市川團十郎、二世市川左團次らの名優が演じてきた2役である。

 仁左衛門の初演は、1992年3月の新橋演舞場。その後、国立劇場、大阪松竹座でも演じ、どこでも評判を取った。その2役を4月に東京・歌舞伎座で、演じるのが最後を意味する「一世一代」と銘打ってつとめる。

 「2役で出ずっぱりなものですからね。松竹座で演じた時(2015年7月)に体力的に『最後かな』と思っ…

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1167文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです