メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柳に風

書けなかった記事=松井宏員

 1986年に記者のスタートを切った頃はパソコンも携帯電話もデジタルカメラももちろんなく、原稿は手書き。それもはがきより一回り大きいザラ紙の束に、鉛筆で。当時の新聞記事は1行が15文字もあり、ザラ紙に5文字ずつ3行書いて、記事1行になるという寸法だった。だから、デスクに出した50~60枚の原稿の束が、「これの何がニュースだ」とゴミ箱に捨てられた時の脱力感とやりきれなさは半端なかった。

 写真にも泣かされた。フィルムのセットミスや逆光にピンぼけと失敗は数知れず。さらにはフィルムの現像か…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文838文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉
  5. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです