メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あがらのまち自慢

クマノザクラ「タイプ標本木」(古座川町) 町の花、観光に生かす /和歌山

「タイプ標本木」を背に説明する勝木俊雄さん=和歌山県古座川町池野山で、山本芳博撮影

 紀伊半島だけに自生し、花が純白からピンク色に変化するサクラが今月13日、103年ぶりに国内10種目となる新種と確認された。「クマノザクラ」と名付けられ、研究論文に使った「タイプ標本」を採取した木(高さ14メートル)が古座川町にある。観光や地域活性化に期待されることから同町も19日、「町の花」に指定した。新種と発表した森林総合研究所多摩森林科学園(東京都)の勝木俊雄さん(50)に特徴などを聞いた。【山本芳博】

 <どのような経緯で新種と確認したのか>

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文947文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです