メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公示地価

高松27年ぶり上昇 県内下げ止まり傾向続く /香川

香川県内の商業地で価格、上昇率ともにトップだった高松市磨屋町2-6外=岩崎邦宏撮影

 国土交通省は27日、土地取引価格の指標となる公示地価(1月1日現在)を発表した。県内では「住宅地」「商業地」「全用途平均」とも27年連続の下落となったが、下落率はいずれも縮小。高松市では三つの指標が1991年以来27年ぶりにプラスに転じた。一方、他の市町では三木町の住宅地が横ばいだったのを除いて全てがマイナスだった。【岩崎邦宏】

 直島町を除く16市町の179地点(住宅地112地点、商業地56地点、工業地11地点)を対象に調査し…

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1415文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  3. 辺野古埋め立て停止 ホワイトハウスへの嘆願署名10万超す
  4. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです