メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「人生100年時代」の芥川賞 純文学は「青春の場」=鶴谷真(東京学芸部)

芥川賞の贈呈式であいさつをする若竹千佐子さん=東京都内のホテルで2月22日夜、鶴谷真撮影

 「もっといい小説を書けると思っているんです。人生100年時代ですから、まだまだ高みを目指します。皆さん、私を見ていてください」。頬を紅潮させて決意表明する姿に万雷の拍手が送られた。デビュー小説「おらおらでひとりいぐも」で2月、第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子さんの贈呈式でのあいさつだ。63歳。文壇の登竜門である同賞史上2番目の高齢受賞として話題になったが、その作品から感じるのはむしろ圧倒的な若さであり、自らの体験をフィクションに昇華させる営みの豊かさである。

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです