メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

「人生100年時代」の芥川賞 純文学は「青春の場」=鶴谷真(東京学芸部)

芥川賞の贈呈式であいさつをする若竹千佐子さん=東京都内のホテルで2月22日夜、鶴谷真撮影

 「もっといい小説を書けると思っているんです。人生100年時代ですから、まだまだ高みを目指します。皆さん、私を見ていてください」。頬を紅潮させて決意表明する姿に万雷の拍手が送られた。デビュー小説「おらおらでひとりいぐも」で2月、第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子さんの贈呈式でのあいさつだ。63歳。文壇の登竜門である同賞史上2番目の高齢受賞として話題になったが、その作品から感じるのはむしろ圧倒的な若さであり、自らの体験をフィクションに昇華させる営みの豊かさである。

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2081文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです