メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

原告、国の不作為追及 国賠訴訟、きょう第1回口頭弁論 仙台地裁

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられた宮城県の60代女性が、同法は個人の尊厳や自己決定権を保障する憲法に違反するなどとして、国に1100万円の支払いを求める国賠訴訟の第1回口頭弁論が28日、仙台地裁で開かれる。同法の違憲性を争点に、原告側は「法改定後に必要な救済策を怠った行政や国会の不作為」を追及する構えだ。【遠藤大志】

 国側はこれまで「当時は合法だった」としており、請求の棄却を求める方針。ただ、女性の提訴後、当事者へ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです