メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

もったいないばあさん、またね 作者・真珠まりこさん

「もったいないばあさん日記」作者の真珠まりこさん=中村藍撮影

 本紙「本はともだち」面で連載してきた「もったいないばあさん日記」が28日、最終回を迎えた。13年間の連載を終えた作者の真珠まりこさんに思いを聞いた。

 ●世界が広がった

 --「もったいないばあさん日記」の連載がスタートしたのは2005年10月です。最終回を迎えた今の心境は。

 ◆もったいないばあさんの連載を続けることで、日本のいいところや、何がもったいないのかを考え続けることができました。「こんな時、もったいないばあさんならどう思うだろう」って。もったいないという言葉は、相手を敬う心、思いやる気持ち、ありがとうの気持ちなんです。もったいないという言葉の意味の深さを知るにつれて、それを軸に考える癖ができたことで世界が広がりました。新聞や辞書を参考にしたり、出会った人から「もったいない」と思ったことを聞いて取材したり。気になることはかたっぱしから調べました。紙面を通じて読者の方に伝えられたことが幸せでした。

 --もったいないばあさんのキャラクターが生まれたきっかけは。

この記事は有料記事です。

残り1303文字(全文1740文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 乾、香川、柴崎らが先発 本田は外れる
  3. 地震 大阪・震度6弱 行ってきます直後 塀倒れ女児巻き添え
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]