メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トピック最前線

玄米人気、じわり広がる 女性や高齢層を中心に

 健康志向の強い女性や高齢層を中心に、玄米の人気がじわりと広がっている。精米していない玄米は胚芽部分を中心に食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に入っている。白米に比べ劣るとされる食感を良くするなど新品種も登場、関係業界は市場拡大に向けて力を入れている。

 ▽ブランド

 スーパー「サミットストア葛飾区役所前店」(東京)のコメ売り場には、秋田県産「あきたこまち」や新潟県産「コシヒカリ」といったブランド米をはじめ約10種類の玄米商品が並ぶ。白米とおおむね同様の値段だ。

 健康意識の高い顧客を中心に好調な売れ行きだ。売り場の担当者は「雑穀などのブームに続き、1年ほど前か…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文913文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 熱射病 小1死亡 校外学習後「疲れた」 愛知
  3. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  4. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 10日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]