メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トピック最前線

玄米人気、じわり広がる 女性や高齢層を中心に

 健康志向の強い女性や高齢層を中心に、玄米の人気がじわりと広がっている。精米していない玄米は胚芽部分を中心に食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養素が豊富に入っている。白米に比べ劣るとされる食感を良くするなど新品種も登場、関係業界は市場拡大に向けて力を入れている。

 ▽ブランド

 スーパー「サミットストア葛飾区役所前店」(東京)のコメ売り場には、秋田県産「あきたこまち」や新潟県産「コシヒカリ」といったブランド米をはじめ約10種類の玄米商品が並ぶ。白米とおおむね同様の値段だ。

 健康意識の高い顧客を中心に好調な売れ行きだ。売り場の担当者は「雑穀などのブームに続き、1年ほど前か…

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文913文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです