メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発見!中小輝業

BOND(北九州市) 古川ひろ美社長 紙から動画へ転換

古川ひろ美社長(58)

 コンピューターやモバイル端末から文字や音声を入力するだけで、その内容を画面上のキャラクターが紹介する音声付き動画を作成できるソフトウエア「スマートアバター」を開発、販売しているのが、BOND(ボンド、北九州市)だ。

     専門知識は不要。独自開発した人工知能(AI)が入力内容から感情などを読み取り、キャラクターにふさわしい表情や仕草をデータベースを通じて組み合わせる。簡便さや革新性が評価され、2013年に米マサチューセッツ工科大の傘下組織が主催するコンテストのベンチャー部門で1位を獲得した。

     元々は古川ひろ美社長(58)の父、章さんが1950年に創業したオフセット印刷会社だった。06年に会社を継いだ際、「人にモノを伝える」という事業の原点に立ち返り、将来を見据え「紙から動画への転換」を決断。12年発売のスマートアバターは、大手企業の製造現場の紹介や社員教育などに活用されている。「指1本で動画を作れるので、障害者の方のコミュニケーションツールなどにも利用できます」とその可能性の高さを語る。【高橋慶浩】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
    3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
    5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]