メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露外交官追放

ロシアは報復合戦辞さず

 英国で起きたロシア軍の元情報部門幹部の暗殺未遂事件を巡り、英国の同盟国の米国や欧州連合(EU)加盟各国などが続々と露外交官の国外追放に乗り出した。追放を表明したのは英国を含め少なくとも25カ国で対象の露外交官は計100人以上に上る。さらに、北大西洋条約機構(NATO)も27日、ブリュッセルにあるNATO露代表部の外交官7人の追放を発表した。

この記事は有料記事です。

残り475文字(全文647文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  2. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  5. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです