メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

厚労省、手術決定資料保全を都道府県要請へ

 自民、公明両党は27日、旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らへの強制的な不妊手術が行われた問題に関するワーキングチーム(WT)の初会合を開き、実態調査のため都道府県に残る資料を保全するよう求めた。厚生労働省は都道府県に保全を要請したうえで、次回WT会合までに具体的な実態調査の内容を詰め、4月中にも調査を開始する見通し。

 厚労省は手術を受けた人について、統計の件数しか把握していないとしている。一方で都道府県には強制手術…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文482文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 沖縄知事選 台風24号影響、一部で投票日繰り上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです