メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎのお酒で乾杯!

井上清吉商店 蔵内の音楽は渡辺貞夫のジャズ どこまでも地元にこだわり

蒸して広げた酒米に、こうじをふりかける井上裕史社長。室温は37度で、カメラのレンズがくもった=宇都宮市白沢町の井上清吉商店で2018年2月23日、古田信二撮影

 2月下旬、井上清吉商店の井上裕史社長(43)は蒸して広げた酒米に、こうじ菌を振りまいた。「コメ一粒に、こうじが一つ付くのが理想」。ゆっくりとかき混ぜて、最後は布で包み、温度などを確認した。こうじはコメのデンプンを糖分に変える。酵母がその糖分をアルコールに変える。「こうじ室(むろ)」の中で行われるこうじ造りは、酒造りの中でも重要な作業だ。

 その日は、精米歩合40%の大吟醸酒の「搾り」も行った。1カ月前に仕込んだ「もろみ」を、ひしゃくです…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです