メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

飛び込み陣、五輪へ弾み 国内初、ワールドシリーズで収穫

飛び込みのワールドシリーズで初のメダル獲得となった男子シンクロ板飛び込み3位の坂井丞(左)、寺内健組=静岡県富士市の静岡県富士水泳場で、2018年3月15日午後5時41分、村上正撮影

 2020年東京五輪で悲願のメダルを目標に日本飛び込み界が強化に本腰を入れている。日本水泳連盟が選手強化の一環として、国内で初めて世界の強豪が集うワールドシリーズ(15~17日)を静岡県富士市で開催。18歳の板橋美波(JSS宝塚)が高飛び込み2種目で3位に入るなど日本勢は計3個のメダルを獲得した。日本選手たちは「このメンバーと試合ができたことは今後につながる貴重な経験だった」と口にした。【村上正】

 今大会は16年リオデジャネイロ五輪や昨夏の世界選手権のメダリストら実力者がずらりと顔をそろえた。日…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文786文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. アメフット 関学大選手側が被害届 悪質タックルで負傷
  5. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]