メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

飛び込み陣、五輪へ弾み 国内初、ワールドシリーズで収穫

飛び込みのワールドシリーズで初のメダル獲得となった男子シンクロ板飛び込み3位の坂井丞(左)、寺内健組=静岡県富士市の静岡県富士水泳場で、2018年3月15日午後5時41分、村上正撮影

 2020年東京五輪で悲願のメダルを目標に日本飛び込み界が強化に本腰を入れている。日本水泳連盟が選手強化の一環として、国内で初めて世界の強豪が集うワールドシリーズ(15~17日)を静岡県富士市で開催。18歳の板橋美波(JSS宝塚)が高飛び込み2種目で3位に入るなど日本勢は計3個のメダルを獲得した。日本選手たちは「このメンバーと試合ができたことは今後につながる貴重な経験だった」と口にした。【村上正】

 今大会は16年リオデジャネイロ五輪や昨夏の世界選手権のメダリストら実力者がずらりと顔をそろえた。日…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文786文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです