メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

オマケの人生=近藤勝重

 子供の頃から人より胸がへこんでいることに気づいていた。それが気管支や肺系統に関わっていることを知ったのは、後年、実際に気管支炎などを患うことになってからだ。

 家庭医学の本に乳幼児の頃の病気に関係しているという記述があったが、はてさて自分がどんな病状だったのか。知りたいと思った時には両親はすでに他界していた。

 母親の七回忌の時、兄に胸の深いくぼみのことを尋ねると、「お前は赤ん坊の頃、肺炎にかかってな、仮死状…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文887文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです