メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の出発点

柴崎友香さん 『きょうのできごと』 重なる「一瞬」世界輝く

作家、柴崎友香さん=東京都世田谷区で2018年3月16日午後3時52分、鶴谷真撮影

 かわちくんは不安そうな顔をして、わたしのほうを振り返った。

「大丈夫。失敗したら坊主にしたらいいねん。坊主って、いちばん男前が引き立つ髪型やと思うで」

「そうかなあ。……耳とか切らないでくださいね」

「大丈夫」(『きょうのできごと』河出文庫より)

 小説のテーマや筋書きを取り出すのが難しい作家だ。穏やかな日常が淡々と描かれ、セックスや暴力、愛する人の死など“事件”が起きない。ややオドオドした主人公が眼前の出来事を観察している感じ。登場人物たちの連帯がそっと後押しされている気もするが、かといって人間関係そのものに焦点は結ばれない。

この記事は有料記事です。

残り1645文字(全文1909文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性遺体 新潟市内の20代女性か 知人男性所在不明に
  2. 羽生結弦選手 映画「殿、利息でござる!」は“例外出演” 出演快諾の理由と熱い思い明かす
  3. 十日町の殺人死体遺棄 女性の身元判明 死因は不詳 遺体損傷激しく /新潟
  4. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった
  5. 買春容疑 津市課長を逮捕 制服姿でホテルで発覚

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです