メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富士宮市

全国小水力発電大会に向け、日本一掲げ標柱を設置 /静岡

富士宮市が設置した「日本一の小水力発電のまち」の標柱=富士宮市佐折で

 富士宮市は、白糸の滝に近い道路沿いに「日本一の小水力発電のまち」を掲げる標柱を設置し、26日に除幕式を行った。今年12月13~15日に市内で開催する第4回全国小水力発電大会に向け、機運を盛り上げる。

     市によると、市内には芝川水系などに小水力発電所(出力1000キロワット以下)が11カ所あり、出力合計は6299キロワット。箇所数、出力合計ともに全国の自治体でトップという。

     大会は、小水力発電を普及しようと「未来を照らす、地域の水の恵み」をスローガンに開催。基調講演や個別テーマの分科会、視察などを計画している。発電事業者や自治体、企業関係者ら約800人の参加を見込む。

     標柱は、同市佐折の東京発電・白糸発電所(出力860キロワット)の東側に設置した。ステンレス製の三角柱で高さ3・5メートル、幅85センチ。水神と富士山の水、水車、電気などをデザインした。須藤秀忠市長は「地域の特徴を市内外に発信し、自然エネルギーの推進に弾みを付けたい」と話した。【高橋秀郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 世界の雑記帳 英シャーロット王女が初登園、キャサリン妃撮影の写真を公開
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 世界の雑記帳 英ジョージ王子が初登校、緊張の面持ちで教室へ
    4. 森友文書改ざん 佐川前理財局長を事情聴取 大阪地検
    5. 覚醒剤密輸 家族旅行装い、夫婦逮捕 神奈川県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]