メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 「公文書は財産」自覚薄く 元NHK記者・大治浩之輔さん、財務省改ざん問題を批判

元NHK記者の大治幸之輔さん=青島顕撮影

水俣病で調査報道草分け 40年前、検証の土台となる文書を入手し取材

 水俣病の被害拡大の原因が行政の不作為にあることを熊本県の記録から発掘し、当事者に取材して明らかにしたNHKの1976年のドキュメンタリー番組「埋もれた報告」は、公文書を利用した調査報道の先駆けだと言われている。取材を担当した元NHK社会部記者の大治浩之輔さん(82)は財務省の公文書改ざん問題を「公文書が国民の財産である自覚が薄い」と厳しく批判する。

 番組の冒頭で、「水俣病資料」などと書かれた書類棚の引き出し3段分にぎっしり詰め込まれた公文書が映し…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1385文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです