メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
記者の目

生活保護費引き下げ 分断招く不透明改定=熊谷豪(医療福祉部)

生活保護受給額の水準を議論した厚生労働省の専門家会議=東京都千代田区で2017年12月8日、熊谷豪撮影

 少子高齢化が進み、社会保障制度が不安定になる中、「命綱」とも呼ばれる生活保護の重要性が増している。しかし、今年10月からの生活保護費の引き下げを決定した過程は極めて不透明だった。国は自分たちにしか分からない複雑な計算式を作り、数字をはじき出した。専門的で客観的な検証だと主張するが、ブラックボックスになっている。国民が納得いく説明が必要ではないか。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 以前DVの事実確認も友井が否定「わからなかった」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  3. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」
  4. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  5. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです