メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

壁画描く芸術性あった? ネアンデルタール人像に新説、「野蛮」見直しも

洞窟壁画と人類の変遷

 旧人のネアンデルタール人が6万年以上前に洞窟壁画を描いていた--。洞窟壁画は現生人類のホモ・サピエンスが描いたとする定説に、一石を投じる研究が発表された。4万年前に滅んだネアンデルタール人とは何者だったのか。最新研究を取材した。【鈴木理之】

 ●4万年前に絶滅

 角を持つ牛のような動物や、はしごのようなマーク--。ネアンデルタール人が描いたとの新説が浮上しているのは、100年以上前に発見された世界遺産・ラパシエガ洞窟(スペイン)の壁画だ。赤い顔料が使われ、点描のような絵も見える。ドイツの研究チームが、壁画に付着した天然の放射性物質の年代を測定したところ、一部は6万4000年以上前に描かれたと推定した。これまでは約4万年前とされていたが、2万年以上さかのぼったことになる。

 ネアンデルタール人は、ヒトと共通の祖先から50万年前以降に分かれたとみられ、私たちの「遠い親戚」に…

この記事は有料記事です。

残り1338文字(全文1726文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです