メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

国際親善試合 日本、1トップ不発 裏への抜け出し失敗 ベルギー遠征、1敗1分け

 【リエージュ(ベルギー)丹下友紀子】サッカーの日本代表は27日、当地での国際親善試合で、ウクライナに1-2で敗れた。日本は23日のマリ戦で引き分けており、今回のベルギー遠征を1敗1分けで終えた。日本は5月30日の壮行試合、ガーナ戦(日産スタジアム)を経て、ワールドカップ(W杯)ロシア大会代表メンバー23人を決める予定。

 W杯に出場しないウクライナにも、大きな差を見せつけられた日本。攻撃面でも見どころは少なかった。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文808文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです