メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外「鉄人」衣笠祥雄さん死去 広島で活躍 71歳
注目アニメ紹介

「ルパン三世 PART5」 舞台はデジタル社会 ルパンがデジタルガジェット駆使

テレビアニメ「ルパン三世 PART5」のビジュアル 原作:モンキー・パンチ (C)TMS・NTV

 人気アニメ「ルパン三世」の新シリーズ「ルパン三世 PART5」が、日本テレビほかで3日深夜から順次、放送される。2015~16年に放送された第4シリーズ以来、約2年ぶりのテレビアニメの新シリーズで、現代のデジタル社会が舞台となる。

 「ルパン三世」は、モンキー・パンチさんのマンガが原作。第1シリーズが1971~72年、第2シリーズが77~80年、第3シリーズが84~85年、第4シリーズが15~16年に放送された。新シリーズは、「コードギアス 反逆のルルーシュ」「甲鉄城のカバネリ」などの大河内一楼さんがシリーズ構成、脚本を担当する。矢野雄一郎さんが監督を務め、横堀久雄さんがキャラクターデザインを担当する。

 物語の舞台は現代のフランス。ルパン三世と次元大介ら仲間たちの新たなターゲットは、麻薬や銃など非合法な物まで何でも買える闇のサイト・マルコポーロだ。デジタル通貨を盗み出すため、ルパンたちは厳重に警備されている巨大サーバー施設に侵入する。そこで謎の天才ハッカー少女のアミ・エナンと出会う。

 ルパンたちはクラシックカーや旧式拳銃を愛用しつつ、インターネットやモバイル端末などのデジタルガジェットを駆使して敵に立ち向かう。最新技術の粋を集めたモノクル(片眼鏡)を付けたルパンが、全世界から監視されるルパン・ゲームの罠の中、活躍する。

 前シリーズと同様に、栗田貫一さんがルパン三世、小林清志さんが次元大介、浪川大輔さんが石川五ェ門、沢城みゆきさんが峰不二子を演じる。水瀬いのりさんがアミを演じるほか、津田健次郎さん、島崎信長さんも出演する。テレコム・アニメーションフィルムが制作する。日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU(アニチュウ)」、読売テレビほかで放送。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. セクハラ疑惑 財務次官の辞任承認 退職金の支払いは保留
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ/空き家1000軒/果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]