メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

母なるナイル 「日本橋」は遠く

ナイル川にこぎ出すボート=南スーダンの首都ジュバで、西谷文和さん撮影

 エジプトはナイルのたまもの。ナイル川はエジプトだけではなく「南スーダンのたまもの」でもある。首都ジュバは白ナイル川の両岸に沿って栄えた町。夕暮れの河川敷では洗濯する人、バケツで水をくむ人、胸までつかって体を洗う人などなど、川の恵みによって生活が支えられている。

 今にも沈みそうなボートに乗って、オヤジが2人、ナイル川にこぎ出していく。仕掛け網にかかった魚を取りに行くのだ。そんなナイル川に橋が1本だけ架かっている。イギリスが植民地時代に架けたもので、対岸への貴重な交通手段だ。

 その「イギリス橋」を渡ってみる。橋の周囲にはカラシニコフ銃を肩に下げた兵士がたむろしている。政府軍…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  3. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 悪ふざけ投稿 尻にポンプ車ホース…ツイートの消防士処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです