メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

県審査会議事録開示 「遺伝の確認困難」 家族歴から判断多く 人権侵害述べる意見も /群馬

 知的障害者や精神障害者らへの強制不妊手術を認めた旧優生保護法(1948~96年)に基づき、県内でも強制手術が行われていた。手術はどのような過程を経て実施されたのか。毎日新聞の情報公開請求に対し、県が開示した資料はほとんどが黒塗りで詳細は分からないが、手術の適否を判断する審査会の議事録からはわずかに審査過程の一端がうかがえる。【鈴木敦子】

 強制不妊手術を巡る手続きは、まず、医師が診断書を添えて、県の優生保護審査会へ申請書を提出する。これ…

この記事は有料記事です。

残り1006文字(全文1226文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです