メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

昭和外伝/9止 楽士・中沢寅雄の手記(4) 戦後の全盛期到来 /東京

 「昭和十六年十二月八日大東亜戦争勃発。岡崎で三日間の留屋(とや)楽屋泊まり、(中略)内閣総理大臣東条英機の方針で演芸は諸氏の心をなごますので娯楽演芸おおいによろしとの命令が出たので、各演芸場、映画館一斉に開場開館した」(中沢手記)

 チンドン屋が暇になり、「大宮舞踊劇団」のバンドに鞍(くら)替えした中沢寅雄だったが、旅興行先で太平洋戦争の開戦に遭う。先行きを危ぶんでいたところ、東条が12月17日の貴族院での質疑で、戦時体制の「緊張を永続きさせるにはどうしても一方健全娯楽による換気的手段も考えねばならぬ。必要あらば体育はもちろん歌舞伎、映画、落語や浄瑠璃でもそれが健全なるものであるかぎりどしどしやらせたい方針」と答えたと、18日の朝日新聞が伝えた。

 興行では九州から北海道、礼文島まで廻(まわ)り、阿部昇二(坂上二郎の師匠)と漫才のコンビを組んだこ…

この記事は有料記事です。

残り1578文字(全文1955文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです