メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜競輪、動く

新たなファンを探して/上 収益回復へ「ミッドナイト」 財政貢献、漸減傾向でも昨年度3億円繰り入れ /岐阜

 岐阜市は2018年度、北九州市の小倉競輪場を借りて「ミッドナイト競輪」を初めて主催する。岐阜市の競輪事業は戦後、税収不足を補う稼ぎ頭の役割を演じてきた。新年度も事業収入から一般会計へ2億円の繰り入れを予定しており、市の「大切なお財布」と言える。一方でファンの高齢化やレジャーの多様化などを背景に収益は伸び悩みが続いている。真夜中の競輪事業のスタートを機に、岐阜競輪の軌跡をたどった。【高橋龍介】

 「競輪事業は、もうかっているのですか」「はい。大体、毎年2億~3億円を一般会計に繰り入れていると思…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1013文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口を塞ぐ妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです