メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 諫早市の自宅兼職場から7歳の娘が通う小学校の通学路に、大きな交差点や踏切があり、親心から午後の5分程度、歩いて迎えに行くのが日課だった。

 作家、野呂邦暢(くにのぶ)の歴史小説「落城記」の舞台になった戦国時代の山城、諫早城跡のふもとを抜け、古刹(こさつ)、天祐寺の白壁沿いを下る片道約1・5キロの小道で、道草には最適だ。

 寺の境内には江戸時代初期、島原の乱の鎮圧のため、出陣して亡くなった武士ら92人の名を刻む追悼碑。奥…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです