メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライトハイザー米通商代表=2017年9月、清水憲司撮影

 【ワシントン清水憲司】米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は28日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限や知的財産権侵害に対する制裁措置をめぐり、緊張が高まる中国との通商関係について「困難が何年も続いた後、良好な関係にたどり着く可能性はある。現在はそのスタート地点だ」と述べ、対立関係が長く続くとの見通しを示した。米CNBCテレビのインタビューに答えた。

 中国による知的財産権侵害や米企業への技術移転の強要について「技術にこそ米国の競争力と未来がある」と…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文509文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです