メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 阪神11R・大阪杯 (日曜競馬)

王座奪取、スワーヴリチャード

 スワーヴリチャードが初G1制覇を果たす。休み明けだった昨秋のアルゼンチン共和国杯は、2着を0秒4突き放す楽勝。2分30秒0の勝ち時計は過去10年で2位タイの好記録だった。このレースを勝った馬にはその後G1で好走する馬も多い。続く有馬記念は0秒2差4着に終わったが、直線中ほどで内にもたれて追いづらい場面があった。前走金鯱賞は自己最高の520キロの馬体だったが、ムチ3発で上がり3ハロン33秒8を記録。コーナー四つの10ハロン戦を先行策で完勝した。一度使われて後肢の踏み込みが深くなり、フットワークがより滑ら…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです