メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

G1 春の中距離王、シュヴァルグラン (日曜競馬)

阪神11R・大阪杯(G1)WIN5<5>

 G2→G1に昇格して2回目を迎える。昨年は後に2年連続でJRA賞年度代表馬に選出されるキタサンブラックが、マカヒキ、サトノクラウンという強敵を降して優勝。また、さかのぼればメジロマックイーン、オルフェーヴルという歴代の名馬が名を連ねるハイレベルのレース。ここではG2時代を含めた過去10年のデータを参考に傾向を見てみたい。

 連対馬は(1)(7)、(3)(1)、(6)(9)、(1)(8)、(6)(1)、(1)(2)、(2)…

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2079文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです