メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

県公文書657枚開示 小布施の30代女性手術 /長野

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術について、長野県は、毎日新聞の情報公開請求に基づき、関係する公文書657枚を開示した。手術の適否を判断する県審査会の通知書、当時の市長や村長が審査会に入っていたことを示す資料などがあった。

 開示されたのは、県が2月までに確認した、旧須坂保健所などに残っていた69~2002年の資料。県は書類の中に5人分の個人名があったとしたが、公開された資料では、患者の住所や氏名、年齢などの個人情報が黒く塗りつぶされていた。旧中野市や旧本城村(現筑北村)の当時の首長が審査会委員に任免されている資料もあった。

 手術が行われたと確認できるのは実施報告書の写しが残っている1件のみ。82年4月に手術を受けた小布施…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  3. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  4. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  5. SNSで水着姿公開 ロシア女性教師が退職に追い込まれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです