メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/17 国有企業、協業難しく

CITIC本社が入る北京市中心部の高層ビル=赤間清広撮影

 神戸港の人工島ポートアイランドにある神戸市立医療センター中央市民病院。カーペットが敷かれたホテル風の待合ロビーは大勢の外来患者で埋まっている。この病院の運営を請け負うのは、伊藤忠商事と神戸製鋼所でつくる特別目的会社だ。「私たちは医療行為以外のすべてを請け負っている」。伊藤忠から出向中の中西彰(43)は語る。医薬品や医療機器の管理、病院食の提供や院内のコンビニエンスストアまで、大部分を伊藤忠グループで支えている。

 病院運営のノウハウを蓄積し、伊藤忠が狙うのは中国市場だ。中間所得層の拡大や高齢化の進展に伴い、医療…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1172文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]