メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

/3 仲間を集め商売に育てる

「喜楽湯ファミリー」忘年会で記念写真におさまる湊研雄さん(前列右から2人目)と中橋悠祐さん(同3人目)=2017年12月(喜楽湯提供)

 <くらしナビ ライフスタイル>

 バンドマンとお笑い芸人の2人が番頭を務める銭湯が、埼玉県川口市にある。異色の若者コンビが「喜楽湯」を運営し始めて2年。客は1・5倍に増えた。新世代による銭湯経営が、ようやく軌道に乗りつつある。

 ●若い2人が奮闘

 「気をつけてな」「さようなら」。中橋悠祐さん(31)が番台から声をかけると、常連の小学生の男の子が笑顔で応じる。途切れることなく訪れる客一人一人と言葉を交わす中橋さんは、アイリッシュバンドのパーカッション奏者の顔を持つ。

 京都出身で、物心ついた時から父親に連れられ、銭湯に通っていた。水が流れる音、おけを置く音、人の話し…

この記事は有料記事です。

残り1745文字(全文2028文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです