メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「今朝さばいた魚だよ」。2月の土曜日、山口県上関町の離島・祝島の広場に、大沢太陽さん(33)の元気な声が響いた。島の同世代と一緒に始めた月に1度の朝市で「さかな屋」を開く。六つほどのブースが並ぶが魚を売るのは大沢さんだけ。地元漁師から仕入れたマダイやカレイ、イカなど十数キロがすぐに完売した。豊かな漁場に囲まれていながら、大半が本土側に卸されるため、島には鮮魚店がない。

 自分が魚を売ることになるとは思ってもいなかった。島生まれだが、生後すぐに離れ、埼玉県で育った。お笑…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文699文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  2. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  3. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  4. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  5. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです