メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「今朝さばいた魚だよ」。2月の土曜日、山口県上関町の離島・祝島の広場に、大沢太陽さん(33)の元気な声が響いた。島の同世代と一緒に始めた月に1度の朝市で「さかな屋」を開く。六つほどのブースが並ぶが魚を売るのは大沢さんだけ。地元漁師から仕入れたマダイやカレイ、イカなど十数キロがすぐに完売した。豊かな漁場に囲まれていながら、大半が本土側に卸されるため、島には鮮魚店がない。

 自分が魚を売ることになるとは思ってもいなかった。島生まれだが、生後すぐに離れ、埼玉県で育った。お笑…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです